2019年10月26-27日 勅使川原三郎x東京バレエ団『雲のなごり』世界初演

 

オペラ『蝶々夫人』横須賀公演(10月13日)の翌日は『雲のなごり』フィッティングでした。

初日が26日なので、2週間をきっている(汗)

蝶々夫人でも助けてくれた制作者に一足早く進めてもらい、難を凌ぐ。

 

1ヶ月半ほど前、勅使川原さんがヨーロッパ公演に行く前の打ち合わせで、セットのイメージ写真を

見ていましたが、衣裳はどうだろうか……と東京バレエ団へ向かう。。

 

それにしても、

バランシン、ベジャールと並んでの世界初演て、こっちが緊張するわね

 

ダンサー7人がそれぞれの形と色でフィットする部分を探りながら、数回の直し、染めを経て。

最後の難関が色という場面の度に、染織デザイン科の過去が役立っているという現実を噛みしめる。

 

失敗と成功の予想が立てられる、迷いがない、時短方法がわかる……

が度胸につながっているとも(^_^;)

 

 

「頭からつま先までを風にそよがせるような動き、重心をからだの内へ外へなめらかに移動し続ける動き…」

ある評論家の言葉だけど、まさに

バレエの型、指標の無い浮遊感が心地よいのだと思う。

 

 

今回の照明とセット、とても美しかった。

衣裳はとてもシンプルだけど、そぎ落とし見える物もあると感じるのでした。

 

 

武満徹の「地平線のドーリア」「ノスタルジア-アンドレイ・タルコフスキーの追憶にー」が

用いられて、あまり得意ではなかったバイオリンが好きになったみたいです。

日本のカンパニーへの振付けとしても初だそうで、

貴重な制作に立ち会わせていただき感謝です!

 

 

 

ステージナタリー(リンク)にて、写真が少し見れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

          
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

profile

最後に更新した日:2019/10/28

search this site.

mobile

qrcode