色の話

 

私の通っていた高校は普通科のない特殊高校でした。

先生達は、イラストレーター、後に校長先生になったデザイン教師

英語や数学教師も個性的でユニークだった。

 

ある日、担任だったデザイン科のN先生が遊びで色診断をしてくれた。

約30色のチャートから生徒達がそれぞれ2色選び、

選んだ色の組み合わせで精神状態や特徴、体調が分かるという。

みんな興味津々で前のめり。

 

たしか、私は黄色系とパープルを選び……N先生に

「お腹の調子悪い?」 と言われたのだ。

 

そう。

今まで何度かこのBlogでも書いている通り、胃腸が弱いです。

ストレスは腹痛にくるし、慣れない食べ物ですぐ当たる(-_-;)

 

 

「あの先生は教師をやらなくても良い位の資格を持ってるんだよ」

と後に別の先生が言っていた。

 

 

そんな昔のことを思い出すこの自粛期間に、色の勉強を始めました。

 

染織専攻の大学時代や仕事を通して、色は感覚で分かっていたけど、

理由の裏付けをできなかった部分がどんどんクリアに。

なんて楽しいんだろう!

 

 

光や眼の構造、心理的部分、

仕事はもちろん、日常でも物を観る眼がだいぶ変わってきたので

N先生の領域に追いつくまで(?)、もう少し深い所へ行ってみるつもりです!

 

色んな話ができる自分目指して(笑)

 

 

 

          
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

profile

最後に更新した日:2020/08/27

search this site.

mobile

qrcode